top of page
  • 執筆者の写真石井 力

おすすめグルメ小田原探訪

更新日:7月4日



松永記念館 老欅荘(ろうきょそう)


南斜面は温暖で相模湾も望めるので、明治期から昭和初期に多くの著名人が邸宅、別邸を構えて住んでました


松永安左ヱ門は電力王と称された明治の実業家.。現在の「電気事業分割民営化ー9電力体制」を築いた人です。




報徳二宮神社


二宮金次郎は小田原出身。天保の大飢餓の際に、小田原城内に米蔵を開き人々に米を振舞い、領内から一人も犠牲者を出さなかったという伝説の持ち主。報徳二宮神社の拝殿には、この時の米蔵の礎石が使われています。




小田原城<HPから抜粋>


明治3年(1870)に廃城となり、明治5年(1872)までに城内の多くの建物は解体されました。大正12年(1923)9月の関東大震災により御用邸のほか石垣もほぼ全壊し、江戸時代の姿は失われてしまいました。

その後、昭和9年(1934)に隅櫓が再建され、昭和35年(1960)5月には廃城以来90年ぶりに市民待望の天守閣が復興されました。続いて昭和46年(1971)3月に常盤木門、平成9年(1997)10月に銅門、平成21年(2009)3月には馬出門が完成しました。


清閑亭<HPから抜粋>


明治から昭和初期の政治家・黒田長成侯爵の旧別邸として明治39年(1906)頃に造営されました。

 黒田侯爵は、秀吉の右腕として活躍し、小田原攻めの際にも北条との交渉役として活躍した、戦国武将「黒田官兵衛」の流れを汲む黒田家の十三代目当主です。

 

「清閑亭」は明治39年(1906年)頃に造営された数寄屋風書院造りの建物。

清閑亭に隣接する蔵カフェ


て活躍

小田原みなと食堂

地魚の刺身と地魚フライ定食 これがおすすめ!



小旅行は11月か3月あたり(お花見)がおすすめです。


石井

黒田侯爵は、豊臣秀吉にもっとも頼りにされ、天才軍師と呼ばれた「黒田官兵衛」の流れを汲む黒田家の十三代目当主で、

閲覧数:48回0件のコメント

Comentarios


bottom of page