「4丁目」の謎が解けました。

この方が「4丁目」の名付け親でした。(町田立教会 羽隅弘宣 広袴在住 S38年卒)


11/03付、ご本人から頂いたメール(原文のまま) ご了解いただきましたので公開いたします。


  「4丁目の話ですが」

  

  大学2年生の春、1960(昭和35)年3月ごろ地下鉄丸ノ内線が池袋まで開通し、銀座

  に出かけることが容易になった。電車賃は一律15円(その年の秋頃値上げとなった)

  親友Y君と授業をサボってはよく銀座に出かけていた。

  揃って登校しのその日のスケジュールを決め待ち合わせ場所を二人の合言葉「4丁目」で待 

  っているよと。

  最初は”四つ角で待っている”と言っていたがあまり響きが良くないので銀座4丁目に因んで 

  4丁目にした。

  午前11時ごろの地下鉄で銀座に出て昼はみゆき通りの”スイス”というカレー屋で食べその 

  後銀ブラをしていた。当時不二家の隣近くに石津謙介の店ーVAN ジャケット(アメリカの 

  Ivy LeagueのFashionを取り入れた背広など)という若者向けの洋服店があり、二人して揃  

  いのジャンバーを買ったり、back skinのbootsを履いて闊歩していた。

  お茶は銀座日航ホテルの裏にある”マグノリア”という喫茶店で輸入盤のJazzを聞いて時間を 

  潰した。  

  青春の一コマです。


羽隅友人と
.PDF
Download PDF • 157KB

ロールスロイスの社内会議 同僚とともにノルウェーのBergenのホテルで(2010.6)