top of page
  • 執筆者の写真石井 力

カナダからこんにちは (立教OGからの手紙)

更新日:4月10日

バンクーバーには桜の名所が沢山あって私たちも日本の皆さん同様、毎年桜を愛でながら散歩を楽しんでいます。見頃はこれから。まだダウンジャケットが手放せません。

カナダの桜は日系カナダ人戦没者慰霊碑に追悼の意を込めて寄贈したのがきっかけです。

その後、桜に魅せられたバンクーバーの人々は桜の植栽を始め、楓や栗の木などが多かったバンクーバーの景観を次第に変えていったそうです。ちなみにバンクーバーは18世紀にカナダ西海岸の測量をした探検家ジョージ・バンクーバーに由来します。2010年の冬季オリンピックの会場でしたからご存じの方も多いことでしょう。


町田立教会からHPのパスワードを配布いただき時々訪問しております。

先日はNews Letterの最新号が掲載されましたので、ご案内にそってアーカイブスを読ませていただきました。力のこもったエッセイやコラムがいくつも掲載されていてハイレベルな内容に驚いております。ブログも毎回楽しく拝読しており母校とのつながりを感じて大変ありがたく思っています。それにしても町田の卒業生は母校愛と郷土愛にあふれた方々が多いのですね。ブログはジャンルが多岐に亘り、同窓会や同好会でよく見かけるありきたりの記事ではないのがいいです。バンクーバーにも海外支部があったらいいのに。



先日帰国にあわせて「セントポールの隣」に同期の男女が10人ほど集ってくれました。

一番元気でリーダー的存在だったO君が亡くなってしまい、その追悼会でもあったのですが、集まったメンバーの半分はそろってリーダー的。声がでかい。みんな変わらない。また集まろうね♡と散会となりましたが、カナダに帰る私はちょっと淋しい。。


Dunm







閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page