第百二回紫友句会まとめ(令和四年三月)


今回の句会では、悲惨なウクライナの戦争の現状がメンバーの心に影を落としました。私たちの周辺は美しい桜の季節であり、春の花々のかぐわしい季節というのに。一日もはやく戦争が終結、これ以上の犠牲者が出ませんことを祈りつつ。


第102回 紫友句会まとめ 20220405
.pdf
Download PDF • 549KB