top of page
  • 執筆者の写真石井 力

10/14 箱根駅伝予選会応援

立川駅集合




以下の写真は湘南立教会提供





以下の写真は立教大学校友会提供

予選会(母校)トップの走り 関口君(4年)


予選会(母校)2番の走り 馬場君(2年)



<第100回箱根駅伝予選会>◇14日◇東京・陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園◇ハーフマラソン


立教大学は2年連続29回目の本選出場を決めました。


トータルタイムは昨年よりも10分も速くなっています。10000Mを28分台で足る選手が5人。28分台ですよ!


1月箱根の経験者も7人います。予選会上位のチームのと差も大きくはありません。予選会最強と云われた東京国際。最速留学


生のアクシデントは気の毒だけれど母校のシード権獲得にどう影響するのか。駅伝は短距離とは異なりチームのムードに影響


されやすい。上野前監督不在でも勝てた自信は選手にとって非常に大きいのではないでしょうか。


シード校と云えども3~4チームは本調子ではないことが毎年起こります。今回の予選会13位の山梨学院までを含めて熾烈な


シード権争いになるのではないでしょうか。






広報 石井



閲覧数:112回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page