top of page

JAXAの見学

1022日(土)、JAXA相模原キャンパスの特別公開に行ってきました。

JAXAJapan Aerospace Exploration Agency で宇宙航空研究開発機構のこと。「はやぶさ」の小惑星イトカワや、「はやぶさ2」の小惑星リュウグウの探査・試料の採取で有名ですね。


当日の特別公開では「地球帰還カプセルの見つけ方」とか「水星・火星探査ミッション」「宇宙創成の謎に迫る」とか「人工衛星の熱制御技術」とか、もろもろのブースがあって、どこも見学の人人人・・で大入り満員でした。


各ブースの研究開発チームの皆さんが専門的なことを分りやすく、図や表や模型で説明してくれます。一所懸命聞いたつもりでしたが、私にはちょっと難しかったかな・・。


常設展示のある宇宙科学探査交流棟では、あの懐かしい「ペンシルロケット」の本物を見ました。ホントに鉛筆くらいの大きさ・・。こんなに小さいものだったのかとちょっと驚きました。それに比べると今のロケットのなんと大きいことか・・。


町田立教会会員で、左から

 深山さん(JAXA職員)

   当日は手話通訳の仕事をして

   らっしゃいました。

 平田さん(今期の会計監査人)

 星野さん(紫友句会の俳人)

 石黒さん(前会長さん)

 斉藤さん(前副会長さん)

 



野外に大きなロケット

二段式で一段目と二段目の繋ぎの部分

に興味があったのだが、外枠だけで、

中は取り外されていた。






この写真は入り口に座ってた金髪の外人に撮ってもらった。頼んだら「ハイッ」だって。 外国との交流もきっと多いのでしょう。







石黒さんはホントによく質問する人で、どこでも誰にでも質問してた。理解できているのかなあ・・。







                          平田 洋(S43年経済)

                            代表投稿

bottom of page